●国内法「ロープ高所作業」の規定に即している。
●国際規格「ISO22846」に準拠している。
●足場不要のため、ピンポイントに現場へアスセスできる。
●工期が短縮できるため、コストが削減できる。
●道路使用許可やゴンドラ等の設置許可等が不要。
●世界標準の統一された技術を使用しているため、個人の技術評価が明確である。
●世界一事故率の少ない技術である事が統計上証明されている。
●全ての作業者がレスキュー技術を備えているため、たとえ事故が起きたとしても
 迅速な対応ができる。消防等の外部レスキューが不要である。