イギリス安全衛生庁は、IRATAに加盟しているロープアクセス技術者は、あらゆる産業の労働者に比べて最も死亡災害事故発生率が低い事を認定しています。

19年間の平均事故発生率は10万作業時間につき2.55%で全産業事故発生率より50%も低い値となっています。また、19年間死亡事故0の記録も持っています。

世界で最も定評のあるレスキュー技術も安全性の裏づけとなっています。あらゆる状況下でもパートナーを救い出せる技術の裏づけがあってこそ安全と言えるのです。