(INDUSTRIAL ROPE ACCESS TRADE ASSOCIATION)
[産業ロープアクセス業者協会]の略称です。

1992年、ロープアクセス技術の安全な運用と無事故を目的として設立され、第三者による技術認定を行うなど厳格な管理のもと、ロープアクセス技術者の資質向上や新技術の開発などを行っている世界最大の団体です。イギリス安全衛生庁(HSE)が監修して設立されました。

本部はイギリスのアシュフォードにあります。

会員会社200社、約70,000人以上の技術者が世界50カ国わたり活躍しています。
ロープを積極的に使用して作業を行う技術者協会として、世界最大の規模を誇っています。
海外(EU)でのロープアクセス業務はIRATA資格取得を条件としていることが多く、基本的に未取得者は、ロープアクセス業務に従事する事が出来ません。

irataのLvel 2 ~ Level 3は レスキュー技術に特化しており、個人レベルでも世界最高の都市型レスキュー技術を学ぼうと多くの人が挑戦しています。

トーアス㈱もIRATA公認メンバーカンパニーとして正式に登録されています。

IRATAトレーニング加古川 講習スケジュール (例)