★ IRATA資格が失効する方の救済方法

コロナウイルスの影響で、IRATA資格が失効する方への救済方法が発表されました。

オンラインによる – 資格認定の延長が可能になりました。(90日の延長が認められるようです。)

申請は、以下のページで行います。

https://irata.org/form/c19ext-01

◎オンライン入力が必要な内容

0)オンラインで申請者の情報を入力する。

1)IRATAトレーニングカンパニー名=Toasu.inc

2)トレーニングカンパニーNO=3062/OT

◎ 添付が必要な書類

1)身分証明書/写真ページ(技術者のIRATA番号とログブック番号を含む)=運転免許証+IRATAカード

2)直近のログブックの項目を含むページ

十分な証拠がアップロードされていない場合、申請が遅れたり、却下されたりすることがあります。

トレーニングに申しこんでいたけれども、コロナの影響でトレーニング中止になったため失効したり、延長できなくなった方が対象です。